スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

過剰摂取の心配がない愛され葉酸がおすすめ!

さまざまな葉酸サプリがある中で、愛され葉酸を選んだほうが良い理由をまとめると、


・吸収率の良い葉酸を含んでいる

・過剰摂取の心配があるビタミンaがほとんど含まれていない

・余計なビタミン類がごちゃごちゃを入りすぎていない

・価格がリーズナブル



といった点になります。




■ビタミンaの摂りすぎに注意?

葉酸サプリを選ぶときに気を付けなければいけないのは、ビタミンaがどのくらい含まれているのか?です。

ビタミンaを摂りすぎると、赤ちゃんの奇形リスクが高くなると言われていますが、根拠となる情報を探してみたところ、めぼしい情報が見つかりませんでした。



ビタミンaとはちょっと種類が異なる「レチノイン酸」という成分に関して、問題があるかも?と言われている程度で、医学的には実はあまり信ぴょう性は高くないみたいです。

愛され葉酸には、ビタミンaがどの位は行っているのか、具体的な数字は分からないものの、逆に言えば、あえて数字をメイクする必要がないほど、成分量は多くないと考えられます。



愛され葉酸で葉酸を補う分には、ビタミンaによる副作用でママや赤ちゃんの体に悪影響が出てしまう危険はほぼないと考えられます。



■貧血の対策方法にも注意が必要です

ちなみに貧血対策というと、一般的に鉄分を補うのは良いとされています。鉄分は血液中に含まれるヘモグロビンという組織の材料で、なおかつ普段の食事で不足しがちな栄養だからです。

鉄分豊富な食材として代表的なものといえば、レバーやホウレンソウです。こういった食材を積極的に食べることで、通常であれば貧血は収まるものです。



けれども妊娠中は鉄分をいくら補っても、貧血が改善しない可能性があります。むしろ、鉄分の過剰摂取で気持ち悪くなったりめまいがひどくなる危険もあるんです。

貧血にも実は、悪性貧血と呼ばれる症状もあって、この場合、葉酸不足が原因となっています。葉酸も実は、血液を作るために欠かせない栄養なんです。




葉酸は赤血球という組織を作るために必要で、赤血球はヘモグロビンを乗せて全身を循環する役割を持っています。

葉酸が不足してしまうと、赤血球の形成が不十分になってしまい、もろくて壊れやすくなります。その結果、貧血と同じ症状が起きてしまうわけです。



ママの体が貧血気味だと、お腹の中にいる赤ちゃんへ届ける栄養や酸素もそれだけ不足してしまいます。赤ちゃんの老廃物や代謝物の回収も遅れがちになり、赤ちゃんにとって決して良い影響ではありません。

妊娠初期に限らず、葉酸は授乳を終えるまではしっかりと補い続けるようにしましょう。




■モノグルタミン酸型だから安心

葉酸サプリを選ぶ際に、モノグルタミン酸型か?ポリグルタミン酸型か?を気にするようであれば、知識がかなりある方ですね。

ポリグルタミン酸型とは、簡単に言うといくつもの葉酸が絡み合っ手存在している状態。モノグルタミン酸型では、葉酸が1つずつ単独で存在してします。



ポリグルタミン酸型は主に天然の植物から採取された天然葉酸に多いんですが、いったん、葉酸分子を分解しなければいけないため、その分、吸収率も下がってしまうわけです。

分解に時間がかかっているうちに、腸の奥までどんどん押し出されてしまい、体に吸収される前に排出されてしまうんです。



愛され葉酸では、モノグルタミン酸型なので吸収されるのかどうか、心配をする必要がありません。飲んだ分をほぼ全て吸収できるようになっています。

葉酸はよほど飲み過ぎることがなければ過剰摂取する心配がありません。1日必要な400ugをサプリメントだけで補うことで、赤ちゃんの成長もママの体調管理も両立してくれますよ。





赤ちゃんが順調に成長していき、安心して出産日を迎えられるようにしてくれる愛され葉酸を試しに飲んでみるにはこちら
↓↓↓